これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A

これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A

派遣された職員がどこまで介護サービスするか概要とルール

介護職員として派遣されて、介護を必要とする高齢者のお世話を考えたとき、食事、入浴、排泄といった直接本人の身体に触れて提供するサービスもあれば、福祉用具の貸与のように物を貸すというサービスもあります。また身体が少々不自由でもできるだけ自宅で自立した生活ができるように住宅改修を行なうサービスもあります。さらに、介護サービス利用者のケアプラン(介護サービス計画)をつくり、そのプランに沿って適切なサービスを提供できる事業者を探して利用者に紹介する行為も、介護に関わるサービスといえましょう。

一般的に考えられるお世話は、高齢者のサービスに「食費」「部屋代」を介護サービスに含めるかどうか、また食費のなかに材料費まで含めるかどうか意見の分かれるところです。身体が不自由ということから食事の介助することが介護サービスであることは異論のないところですが、食べ物そのものはサービスでなく自費で賄うべきという意見もあります。また公平観から施設では食事代も部屋代もサービス料のなかに入っているのに、在宅ではすべて自己負担というのはおかしいという意見も以前から強くありました。

国民の保険料および税金を財源とした保険給付として介護保険による支払いの対象となるサービスとしては、しかるべきサービス提供者あるいは事業者や施設がしかるべき手続きに基づいて、しかるべき対象者に提供した場合にかぎられ、ようやく職員を派遣されるのです。

注目情報

Copyright (C)2017これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A.All rights reserved.