これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A

これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A

介護業界のニーズに応える派遣という働き方

高齢化社会に伴い、介護関係の仕事が増えています。需要がありやりがいのある仕事です。介護で働く場合、介護施設へ応募し採用される方法の他、派遣で働くという方法もあります。派遣とはまず派遣会社に登録し、契約している企業に人材として派遣され働く方法です。派遣先と働く人には直接雇用の関係はありません。人手不足の介護業界のニーズに応え、介護や医療を専門に扱っている派遣会社が増えています。

派遣会社に登録して働くメリットは、派遣されたあともサポートしてくれる会社もあることです。職場で困ったことがあった場合、派遣会社の担当者が相談にのってくれます。また、最初は2か月程度の契約で働き、その後半年、1年、と契約を更新して働くことになります。正社員などと比べ決して安定した働き方とはいえませんが、プライベートの時間を有効に使えるというメリットがあります。また、もし派遣先の病院で人員整理の対象となった場合でも、派遣会社が新しい派遣先を紹介してくれます。その点はパートやアルバイトなどと比べ有利と言えます。介護の仕事は資格がなくてもできるものが多くあります。資格を持っている人より時給が低い傾向があるようです。仕事内容は、入所者の食事や入浴の介助の他、掃除や洗濯などもあります。主に資格を持って働いている人のアシスタント的な仕事が多いようです。介護の仕事は大変で、せっかくなってもすぐ辞める人が多く、ほとんどを派遣社員に頼っている病院もあります。派遣は今の介護業界を支えているのです。

注目情報

Copyright (C)2017これから目指す人へ 介護の派遣の働き方Q&A.All rights reserved.